なるようになっているを実感!

      2017/04/26

「もしかして・・・こうなることになっていたのかも。」

 

このようにまたまた思うことがありました。

私には小学6年生の息子がいます。

5歳から空手を習っており、今は黒帯になりました。

はじめたころ、母親の願いは心技体を鍛えるためにも黒帯を取り、

続けてもらうことでした。

空手は形と組み手があります。最初のころは形ばかり。

基本とわかってはいても、ずっと同じ形を練習は子どもにとっては飽きるものです。

実は黒帯をとったら辞めたいと言ってました。

空手以外にテニスも習い始め、楽しくなっていたころです。

お友達もたくさんテニスクラブにいたのも楽しかったのでしょうね。

わかった。もう、十分空手やったのもね。

いよいよ空手をやめる手続きをしようとしたとき、

息子が今まだ空手に対して中途半端だからあと半年しっかりやってから

辞めたいと言われました。

わかった、いいよ。

 

そのあと、突然テニスクラブの運営が変わり、テニスのほうを辞めることになったのです。

 

その時、息子がこう言いました。

「よかった。まだ空手やめていなくて。」

 

あれ??辞めたかったのでは?

 

違うのね。

 

空手続けることになりました。

 

そして黒帯としての自覚も出てきたようです。

 

 

息子は気がついていないのですが、

無意識にテニスがなくなった時に「空手を辞めていなくてよかった」と言い、

今も時々無意識に鏡を見ながら突きや蹴りをやってます。

 

それを見ながら、こうなるようになっていたのかなと

思ったりしてます。

そして、実はそのあとも続きがあり、そのことに対して

息子が、

「こうなるようになっていたんだね。」と言いました。

 

 

「もしかして・・・こうなることになっていたのかも。」

 

これは息子に限ったことではないですよね。

 

あなたにもありませんか?

 

ね、、、無意識さん。

Mahalo!

現在人気ブログランキングに参加させていただいております。
もしよろしければ二つ応援ボタンをクリックしてくださると嬉しいです。


にほんブログ村

にほんブログ村

 

 

 

 

 

Follow me!

 - セラピストの独り言, 育児 ,